スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

犬山橋をまたぐ戦い

2015-05-28


今日は、愛知・犬山市で聞いた昔話から。
「犬山橋が併用橋だった頃は、名鉄電車に乗り遅れても走って追いかければ次の駅で追いついた」
そうです。
そう、木曽川に架かる犬山橋は2000年までは鉄道と道路が一体の併用橋として有名ですね。
なんても建設当時は鵜沼地区(岐阜・各務原市)の生活圏は城下町・犬山に依存していて、犬山橋の架橋が悲願だったとも聞いたことがあります。
現在では鵜沼地区が大きく発展して当時を見る影もなく、また犬山橋も名鉄専用橋になりました。

そんな犬山橋は2000年以降電車の速度をあげたそうですが、それでもまだ遅く感じますね。
自転車のほうが速そう。
犬山橋を挟む犬山遊園駅と新鵜沼駅の距離は約700メートル。
そこで先日、名鉄電車と勝負してきましたよ。

今回のルール。
電車に乗り遅れたと想定して、電車の扉が閉まった瞬間にスタート。
そして、次の駅で扉が開いた瞬間までのタイムで勝負することにしました。
なお、自転車は信号機による妨害と交通事故防止の安全面から、犬山遊園駅西交差点~新鵜沼駅改札口前のタイムで計測しました。

【第1戦】  犬山遊園駅→新鵜沼駅    
 ・対戦相手  特急 新鵜沼ゆき(6両)
 ・タイム    (勝者)自転車:1分42秒  (敗者)電車:2分7秒

【第2戦】  新鵜沼駅→犬山遊園駅
 ・対戦相手  普通 犬山ゆき(岐阜始発・2両)
 ・タイム    (勝者)電車1分36秒  (敗者)自転車:1分45秒     

1往復して自転車の1勝1敗。
第1戦は電車に25秒もの大差で勝利しました。
勝因は電車側の進路。
新鵜沼駅止まりの電車は分岐して3~5番線に入線するので、速度が落ちるのです。
4・5番線に入線なら分岐が2回なので、自転車側はさらに有利になります。
また、速度が落ちる時間は電車の編成両数にも依存してきます。
一方、第2戦では9秒の差で大敗。
岐阜始発の電車は分岐のない2番線に入線。
分岐がないので存分に速度があがり、そのまま犬山遊園駅に進入できるのです。
2両という加速性の良さも自転車側には不利な結果に。

全速力で走ったのですが、犬山橋(道路橋)の勾配がきついですね。
1往復にもかかわらず、腿が張ってつりそうな勢い。
そこで、1回目のタイムを基準として自転車を降りることにしました。

【第3戦】  犬山遊園駅→新鵜沼駅
 ・対戦相手  急行 岐阜ゆき(2両)
 ・タイム    (勝者)電車:1分36秒  (敗者)自転車:1分42秒
 <戦評> 電車は新鵜沼駅1番線に入線したため、電車有利の形に。

【第4戦】  新鵜沼駅→犬山遊園駅
 ・対戦相手  急行 河和ゆき(6両)
 ・タイム    (勝者)自転車:1分42秒  (敗者)電車:1分54秒
 <戦評> 分岐のある新鵜沼駅始発電車だったため、自転車有利の形に。

4回やってみてわかった結論は、
(1) 犬山遊園駅で電車に乗り遅れた場合は、新鵜沼駅で岐阜方面の電車に乗り継げない。
   岐阜ゆき電車のほうが15秒早く、新鵜沼駅構内移動を考えると駆け込み乗車でも間に合わない可能性大。

(2) 新鵜沼駅で電車に乗り遅れた場合は、犬山遊園駅で名古屋方面の電車に乗り継げる可能性がある。
   名古屋方面の電車はほぼすべてが新鵜沼駅始発なので、犬山遊園駅は自転車のほうが早い。
   犬山遊園駅での扉扱い時間を考えると約30秒時間があるため、マナカで入場すれば間に合うかも。

ですが、危険をおかして犬山橋を全力で走って駆け込み乗車で電車に乗るくらいなら、余裕をもって駅に着くなり、1本見送る余裕が欲しいものです。
風光明媚な木曽川(日本ライン)と犬山城も見られますし。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1009-52ed24f5

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。