スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

密集して咲くからこそ引き立つ美しさ

2015-07-01
150701_1.jpg  150701_2.jpg  150701_3.jpg

6月も昨日で終わり。
今年は梅雨らしいぐずついた天気が続きましたね。
気温が高くなく過ごしやすい日が続くのはありがたいですが、九州地方など集中豪雨の地方もあるようで、梅雨空後期の7月はいつも以上に空模様に注意する必要がありそうです。

そんな6月でしたが、週末は天気に恵まれた日が多かったですね。
6月前半はラベンダーを見に荒子川公園(名古屋・港区)へ、中旬にはあじさいを見に性海寺(愛知・稲沢市)に行ってきましたよ。
ラベンダーといえばさわやかな草原をイメージしますが、身近なラベンダーは芳香剤の香りといったところでしょうか。
実際に見るラベンダーの花はとても小さく、単体でならラベンダーと言われなければ通りすぎてしまうくらい。
でも、ラベンダー畑でのラベンダーは存在感がありますね(左写真)。
風のない穏やかな日に行ったので、生のラベンダーの香りを胸いっぱいに感じることができました。
まとまって咲き、まとまって匂いを発するからこそ虫たちを、そして人間をも魅了すると感じましたね。
現に、ラベンダーの周りには多くのハチがいましたし。

そして、6月中旬に訪れた性海寺でもあじさいの美しさに感動。
あじさいは道端でよく見かけるありふれた植物ですが、集団で咲き乱れるあじさいを見ると圧倒されてしまいました(中写真)。
ひとつひとつは小さな花ですがそれが集まり、さらにそれらが集まると大きな訴えになるんでしょうね。
ちなみにあじさいの小さな花々は虫をおびき寄せるためだけに咲く装飾花だそうです(右写真)。

厳しい自然を生き抜くためには植物界でも存在感が必要で、そのためにはそれぞれが集まってひとつになることが必要なんでしょうね。
我々人間界にもさまざまな問題が横たわっていて、それらはとても個人の力ではどうにもならなかったりしますが、知恵を寄せ合い協力することでこれら問題を解決する糸口が見えてくるのかもしれません。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1015-ecddeff0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。