スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

三重県で見つけた"33"

2015-09-21
150921_1.jpg  150921_2.jpg  150921_3.jpg

先週、またひとつ歳をとって33歳になりました。
「歳をとって変わったことは?」と聞かれましたが、何も変わっていません。
29歳と30歳でさえ、何も感じなかったのに。
でも、最近持久力がなくなったというか、疲れやすくなった気がします。
めっきり自転車で遠くまで行くこともなくなったし。

この数年、誕生日プランを使って格安でビジネスホテルに泊まっていましたが、今年はなし。
(2012年 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-849.html
2013年 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-918.html
2014年 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-972.html)
恒例の"おじさん"体験もしませんでした。
その代わり、誕生日当日に笠松競馬場(岐阜・笠松町)で運試しをしてきました。
オッズを見ずに単勝1点張りで。
当然当てることもなく帰ってきました。
目の前を走るお馬さんは速かったです。
今年のプチおじさん体験でした。

33歳、11年に1度のゾロ目の歳でもあります。
33=三が重なる=三重県というわけで、33歳記念は三重県。
三重テレビのアナログ時代のチャンネルは33でしたし、平成33年には三重とこわか国体が開催されるそうで、偶然ながら33とは縁がありそうな県です。
ちなみに、津市出身の女子レスリングの吉田沙保里選手も来月33歳になるそうです。

そこで、先週末は三重県で33にゆかりのあるところに行ってきましたよ。
まずは33年前の1982年9月に開館した三重県立美術館(津市)へ。
津駅から徒歩10分ながら自然を感じる場所に建てられていました。
大学キャンパスを思わせるようなゆったりとした作りの中にありました。
33年前の公的施設のコンセプトなんでしょうか。
午前中だったこともあって、観覧者は2人ほど。
展示室は自分の足音が気になるほどの不気味な静けさというか、気持ちが落ち着いた気がします。

33年前といえば、三重・鈴鹿市にあるショッピングセンターの鈴鹿エースが開店した年。
現在のような大型ショッピングモールの発想はなかったみたいです。
そもそも鈴鹿市街地にあるし。
外観を見ると、今の感覚にはない33年前のデザインが見受けられます(左写真)。
1階に食料品店、2階に衣料品店というオーソドックスな作り。
食料品店はつい最近、運営業者を変えてオープンしたようですが。
子ども向けゲーム機も多数ありましたが、そのほとんどは1990年代製。
そのころまでは店舗がゲーム機を購入する余力があり、また子どもが100円出してゲームができる時代だったことをうかがわせます。
2000年代は携帯ゲーム機が発達したことも影響しているのかもしれません。
家族連れのお父さんがレーシングゲームをひとりで楽しんでいました。

その後はJR亀山駅(三重・亀山市)へ。
小牧駅から数えて33駅目が亀山駅なのです(名鉄小牧線、地下鉄上飯田線・名城線・桜通線、JR関西線経由)。
お昼過ぎだったので、昼食をとることに。
駅構内のキヨスクが休憩中だったので道路を挟んだ店に向かい、元は駅弁として売られていた「志ぐれ茶漬」を購入。
お茶は現在ほとんど見かけないポリ瓶に入っていて、お茶代を含めて1000円(中写真)。
注文を受けてから駅弁を作ってくれたのでご飯は温かく、お茶はポリ瓶が持てないほど熱かったです。
半分はそのまま食べて半分はお茶漬けにしましたが、駅ホームのベンチで日本唯一のお茶漬け駅弁を食べるというのは不思議な感覚でした。
1時間列車が来ないので、ホームには自分ひとりしかいませんでしたが。
それにしても、ポリ瓶と列車を絡めて撮ると旅情が漂う感覚になりますね(右写真)。

今夏は青春18きっぷを購入することもなく列車で遠出する機会は減りましたが、近場でもたまに出掛けると気分転換になりますね。
この1年で自分はどう変わっていくのかわかりませんが、来年9月には今年とは違う新しい自分をこの日記で示していけたらいいなと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1028-efbdb32f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。