スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2億円の夢

2015-10-20
先週末は小牧市民まつりでしたね。
小牧市内に限らず名鉄犬山駅などでもポスターが掲示されるなど、イラストとは対照的に気合いが入っていたようです。
そんなポスターの片隅に別枠で掲載されていたのが、通称・夢の国のパレード。
ねずみたちには映画も含めて興味がなく、アトラクション、特に絶叫マシーンに乗りたくない僕にとっては、違う意味で遠い夢の国でした。
そんなわけで別枠にも気を留めることもなかったのですが、まつり数日前に聞いた言葉が僕の日曜日の行動を変えたのでした。
「あのパレード、2億円だって」

1時間弱のパレードで2億円ってどんなパレードが見たいじゃないですか。
観覧無料だし。
正確には小牧市民として税金を払っているので、間接的にお金を出しているのですが。
人口15万人の小牧市なので、1人あたり1300円以上。
あくまでウワサの話なので正確ではないですが、家族4人で5300円と考えると結構な額です。
住民投票で反対多数の「ツタヤ図書館」は白紙撤回されたと今日報道されていましたが、実はこのお祭りの規模を問う住民投票が必要なんじゃないかと個人的に思っていたりします。
15万人の都市にしては毎年市内4ヶ所で開催とか、規模が大きいですよね。

とグチを言っても、もう間接的に支出してしまったので見なきゃ損な気分に。
気合いが入っていないので、9時30分スタートなのに9時に小牧駅に到着するありさま。
近距離ながら電車で向かったのですが、名鉄小牧線が休日朝としてはありえない混雑でしたね。
というか平日朝でもありえない混雑ぶり。
子ども連れがほとんどだったのですが、そんなにあのねずみが好きなのか。
パレード会場ではねずみ耳をつけた人やキャラクターのシルエットTシャツを着ていた人がいたり。
僕の認識が甘かったようです。

2億円のパレードとあって、そりゃ普段よく見る他のパレードと比較すれば楽しめましたよ。
内容は2台の車と7体のキャラとお姉さんが1人。
近くにいた人の話を聞いていると、ねずみペアがハグしている場面が感動したという声がある一方、お姉さんがキレイだったという声まであって、来ている人も様々なんだなと感じました。
パレード車が過ぎると、多くの人が迂回路を通って次なる地点へ。
せっかくなので人波についていきましたが、次に見たのは誰も乗っていないパレード車だけ。
夢の国に帰ってしまったようです。

その後は小牧山のふもとに行って、ふわふわしたひよこさんを触ったり、掛布団の肌触りをした羊さんを触ったりしましたよ。
また、小牧山の地図をもらって各ポイントでマニアックすぎる問題を解いたり、無料開放された小牧山城で噴煙をあげる御嶽山を見たりボランティアガイドの方に写真を撮ってもらうなど、気付けば観光客として楽しんでいました。
お土産にシャープペンにパンに飲み物までもらったし。

呼び水として、また市制60周年の目玉としての2億円は高いのか安いのかよくわかりませんが、費用対効果をよく吟味して来年度以降に活かして欲しいと思います。
小牧山城で織田信長が描いた夢のように様々な夢や野望を持つのは結構ですが、それらが夢物語で終わることのないよう願うばかりです。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1032-d9f3eacb

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。