スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

"方面標"の正確さを調べてみた ~名鉄編~

2015-11-27
151127_1.jpg  151127_2.jpg  151127_3.jpg

今日は、休日に列車に乗ってふと湧いた疑問から。
駅にいると、ほとんどの駅で「○○方面」とかかれた看板を目にしますね。
岡崎・豊橋方面とか、桑名・四日市方面とか。
この看板の正式名称がわからないので、仮に"方面標"とします。

先日イオンモール各務原(岐阜・各務原市)に行った帰り、各務原市役所前駅(岐阜・各務原市)から名鉄電車で帰ろうとしたときのこと。
方面標には、
  1番線:犬山・名古屋方面
  2番線:岐阜・名古屋方面
と書かれていました。
これだけ見ると、名古屋駅に行くには犬山経由と岐阜経由どちらが良いのかわかりませんね。
2005年以前なら犬山経由名古屋方面直通の急行が頻繁に運行されていたのですが、現在は犬山止まりなのでどちら経由が良いのやら。

どこかの駅で「犬山・名古屋方面」と「岐阜・名古屋方面」の併記がなくなるはずと思い、名鉄各務原線の駅の方面標を調べてみました。
岐阜駅に近い駅から、
  ・田神~市民公園前 :「犬山方面」/「岐阜・名古屋方面」
  ・各務原市役所前~三柿野 :「犬山・名古屋方面」/「岐阜・名古屋方面」
  ・二十軒~鵜沼宿 :「犬山・名古屋方面」/「岐阜方面」
と分かれていることがわかります(左図)。
つまり、名古屋駅に行くのは市民公園前駅以西からは岐阜経由、二十軒駅以東は犬山経由が便利と読み取れますね。
各務原市役所前、六軒、三柿野からはどちらでも良いと。
本当でしょうか。

名鉄線のデータイムはパターンダイヤですから、例として12時台を挙げて名古屋駅到着時間を比較してみました(中表)。
例えば市民公園前駅の場合、12:00にホームにいたとすると
  ・犬山経由 13:02に名古屋駅到着
  ・岐阜経由 13:00に名古屋駅到着
で岐阜経由のほうが2分早く、岐阜経由に軍配があがります。
このように60分の勝敗で考えると、
  ・市民公園前  2対58で岐阜経由の勝利
  ・各務原市役所前  18対42で岐阜経由の勝利
  ・六軒  34対26で犬山経由の勝利
  ・三柿野  50対10で犬山経由の勝利
  ・二十軒  30対30の引き分け
となります。
勝った負けたといっても2分~5分差が多くを占め、ナーバスにならなければどちら経由でも時間的な問題はないことがわかります。
むしろ、岐阜駅や犬山駅(犬山遊園駅)での乗換えや乗継ぎ列車の混雑度のほうが問題な気がします。
ちなみに、34対26で犬山経由が勝利の六軒駅では、
  ホーム上 :「犬山・名古屋方面」/「岐阜・名古屋方面」
  改札口付近 :「犬山・名古屋方面」/「岐阜方面」
と若干の犬山経由推しだったりします(右写真)。
実態と合っていますね。
この方面標、大雑把な案内かと思いきや、公式掲示だけあって正確に作られているんですね。

10月に行われた航空自衛隊岐阜基地航空祭では、名古屋方面から犬山経由で多くの電車が三柿野駅まで延長運転をしたそうです。
そのときに1番線に掲示されたのは「犬山・名古屋方面」。
岐阜方面なら空いているだろうと増結されて扉の開かない6両目に座っていたら三柿野駅などから多くの乗客が。
混雑しているときはもちろん空いているときも車内マナーを守って、より便利で快適な移動空間がこれからも続くよう願うばかりです。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1035-a553d5bb

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。