スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

黄葉とさくらが隣り合う季節

2015-12-05
151205_1.jpg  151205_2.jpg

昨日は冷たい風が強く吹き、冬を感じさせる1日でしたね。
ですが、夜9時の気温は11℃。
真冬は最高気温が10℃に到達しない日も多いので、まだ暖かいのかもしれません。
そんな秋から冬にかけて見頃なのが黄葉。
秋の終わりを予感させる先週土曜日、黄葉を見に行ってきましたよ。

行ってきたのは、名鉄各務原市役所前駅近くの学びの森(岐阜・各務原市)。
イチョウ並木が韓国の有名ドラマの1シーンに似ていることで有名な場所です。
そんなわけで、下調べもせず期待をもっていったのですが、、、
確かにイチョウ並木はあったのですが、圧倒されるほどの並木ではなく、イメージのようなイチョウの葉っぱのじゅうたんが広がっているわけでもなく、「お、おう…」という感じ。
並木を外れると独立樹としての大イチョウが数本。
大きいもので大人3人分くらいの幹の太さがあり、人影の少ないこの木でじっくりとイチョウを鑑賞しましたよ(左写真)。
イチョウ並木自体は期待外れでしたが、芝生の広がる大きな公園を通って隣接する大学にかよう大学生を見ていると、青春を謳歌している感じで羨ましいです。
現実はお金や時間といった様々な制約で謳歌できないのでしょうが。

そんな学びの森から名鉄線をはさんで南側にあるのが市民公園。
せっかくの機会なので散策してみたら木々に白い花が。
よく見てみると、シキザクラ。
愛知・豊田市の小原地区で有名なシキザクラが各務原で見られるなんて。
興味を示す通行人が全くいないことをいいことに、写真をパシャパシャ(右写真)。
花が小さく、風も吹いて枝が揺れるのでピントを合わせるのに一苦労でした。
イチョウとシキザクラを同じ空間に咲かせたら、二番煎じとはいえ観光名所になるのにと思いますが、どうでしょうか。
シキザクラは小春日和という言葉がぴったりなのかもしれませんね。

人々はますます忙しくなり、街はますます明るくなる師走。
学びの森のイチョウ並木ではイルミネーションが開催されるそうです。
ふと立ち止まった時に感傷的な気分に陥らないように、今月は特に全力で走り抜けられればいいなと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1037-5272846d

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。