スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

紅茶を愉しむということ

2015-12-12
黄葉とさくらを鑑賞した日の続きから。
せっかく岐阜・各務原市に来たので、イオンモール各務原に行くことに。
各務原市役所前駅からバス(100円)で行けるというので、それを利用しました。
すっかり世の中はクリスマスモードのようで。
クリスマスを一番楽しんでいるのは、子どもでも恋人たちでもなく小売業界なのかもしれません。

一通り見て回った後は、フードコートで休憩。
最近のイオン、フードコートが喫茶店化しているのか、丸テーブルやソファ、そして雑誌が数種類備え付けられていました。
しかも、時間帯によっては楽器の生演奏もあるとか。
確かに先日、通りすがりの八事(名古屋・昭和区)のイオンで生演奏にかなりの人だかりができていたっけ。
そんなフードコートにある東海地方初出店のカフェで、紅茶のイングリッシュ ブレックファーストを注文。
アメリカナイズされた甘さに少し違和感を覚えましたが、一番の違和感は後味の悪さ。
フレーバーが入っていて好きな人は好きな味だと思いますが、個人的には気持ち悪くなる後味でした。

今まで紅茶を飲む機会が少なかったためか、好んで紅茶を飲むことはありませんでした。
せいぜい飲めるのはレモンティー。
でも、紅茶は世界中の人々に飲まれているわけで、本当の美味しさをしらないだけなのかもしれません。
だとしたら、生きる楽しみをひとつ失っているのかも。
そこで、本物の紅茶を探すことに。
紅茶といえば愛知・尾張旭市が有名で、「美味しい紅茶」認定店が日本一だそうです。
有名アイドルグループに似た名前のグループ「for Tea 8」も昨年まで活動していたみたいですし。
ところが、よくよく見てみると町おこしの一環みたいなところもあって、紅茶専門店が多いというより街角のカレー屋さんまでも「美味しい紅茶」店と認定されているという状況。
ということで、気を取り直してネット検索してみると、岐阜市の喫茶店が何軒かヒット。
隠れ家的な喫茶店や良心的すぎる喫茶店が気になりましたが、思い切ってこだわりがありそうな(=値段もお高めな)紅茶専門店にチャレンジ。
ボーナスも出たことだし。

どれくらいこだわりがあるかというと、先週日曜日に行ったのですが常連さんのティーパーティで貸切になるほどのこだわり。
店内一色、セイロン(スリランカ)の茶葉が入った赤いパッケージの袋で埋め尽くされるほど。
決まったメニューがなく、その時の店主の好みで次々と出される様々な種類の紅茶。
何杯も、何杯も飲みました。
ええ、とても美味しゅうございました。
フレーバーで香りづけしているのですが、イオンで飲んだ時と異なって後味のいい香りがいつまでも残る感じ。
飲み終えて店を出てしばらく経っても、口の中に香りが充満していました。
アロマを飲んでいるような感じ。
紅茶が嗜好品と言われる所以が少しわかった気がします。
通な方は足繁くかよって紅茶を愉しみ、リラックスしていくのでしょうね。
一方の僕は、リラックスするはずの喫茶店でガチガチに緊張して、店を出た1時間半後には肩や腰が張った状態に。
一生分の紅茶を愉しんだくらいの紅茶を飲んだ気がします。

本物に近い"意識高い系"な紅茶を飲んで紅茶の美味しさに気付き好きになったかと言われれば、正直なところ「?」ですが、嗜好品として愉しまれている飲み物だということがわかりました。
これから好き好んで紅茶を飲むかはわかりませんが、今まで何気なく触れていたものでも本物を感じ取ることで、より造詣が深められればいいなと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1038-5d919214

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。