スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

祭りの翌年の静けさ

2016-01-04
今日から官公庁では仕事始めだそうですが、僕は今日までが冬休み。
例年のごとく、寝正月でした。
寝正月すぎてウエストが大きくなったのか、ベルトが壊れる事態に。
リハビリも兼ねて、今日は半日ほど自転車で出かけたり修理をしましたが、手袋もいらないほどの暖かさで助かりました。

そんな寝正月の年末年始、実家の近くにある熱田神宮は例年通りのにぎわい。
我が家は熱田神宮からそれなりに離れていますが、路上駐車して歩いていく人が後を絶ちません。
最近コインパーキングが3か所新設されたのですが、正月三が日はほぼ満車の状態だったようです。
歩いて15分以上かかるのに。
そこまでしてクルマで行きたいのか疑問に思ってしまいます。
でも、1日の上限料金が決まっているだけまだ良心的かも。
熱田神宮近くでは年末年始特別料金で60分1000円のコインパーキングが一般的。
60分1000円と30分1000円のコインパーキングが隣同士だったりします。
さらには20分1000円なんてところもあったり。
年に1度の稼ぎ時だからしょうがないのかもしれません。
それは熱田神宮とて同じようで、大晦日にお礼参りに行ったら大型ビジョンが設置されていて広告が流されている始末。
宣伝効果は高いと思いますが、都会の喧騒から離れた熱田の森に大音量が響くのは節操がないと思います。

熱田神宮といった定番の初詣スポットに加え、ここ数年話題にのぼるのが干支にまつわる神社。
昨年は羊神社(名古屋・北区)、そして今年は日吉神社(愛知・清須市)の混雑ぶりが報道されていましたね。
(参考 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-988.html)
先月末に2つの神社に参拝したのですが、来たる申年の日吉神社はカメラをもった参拝客でいっぱい、去りゆく羊年の羊神社は淋しい感じでした。
人の興味は1年もあれば充分すぎるほど移ろぐことを感じますね。
ちなみに、日吉神社へは名鉄新清洲駅(愛知・清須市)から歩いて行ったのですが、途中の和菓子店で信長もなかが売られているなど織田信長一色の清須市の中で、日吉神社は豊臣秀吉にゆかりがあるとか。
秀吉を授かったと言われる子産石などを見てきましたよ。
秀吉がかすむほど、清須市は清洲越しということばに代表される歴史の宝庫だということがわかりますね。
残念ながら歴史好きではないので、この魅力がよくわかりませんが。

1年ぶりに羊神社に訪れ、上飯田の町を散策して夫婦橋や黒川樋門は残っていましたが、三階橋周辺は新しい橋の建設がかなり進んでいました。
一階が堀川(黒川)で、二階が矢田川、三階が三階橋(県道102号)だから、次の橋は四階橋になるのか、、、はおいといて、1年経つと街の様子も変わり進化するもの。
街が進化するということは、自分も進化しなければ取り残されてしまうわけで、ブラッシュアップをしていかねばと感じたのでした。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1043-c4bf23a3

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。