スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

"新幹線アイス"の食べ頃を調べてみた ~冬編~

2016-01-25
160125_1.jpg  160125_2.jpg

今シーズンは暖冬と言われていましたが、先週末から数十年に一度の大寒波がやってきましたね。
確かに九州各地で数十センチの雪が積もるとは聞いたことがないです。
僕の住む小牧でも先週に引き続き、今日も朝起きたらうっすらと雪が。
今朝は北向きの玄関ドアが凍って開けるのに苦労しました。
-4℃の怖さを体感した気がします。

そんな寒波に襲われた週末ですから、真冬らしいことをしてみたいもの。
まっ先にスキー、スノボーなどのウインタースポーツが頭に浮かびますが、残念ながら僕は大の苦手。
代わりに思いついたのが、真冬のアイスはいつ食べ頃なのか?ということ。
そう、真夏にJR名古屋駅新幹線ホームで"新幹線アイス"の食べ頃を調べたように、真冬だって"新幹線アイス"の食べ頃があるはず。
(夏編 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-1021.html)
部屋でぬくぬくしながら食べるアイスが美味しいのは当然のこととして、286円もする"新幹線アイス"は真冬に食べても美味しいのかという、どうでもいい疑問を解くために昨日の朝、名古屋駅に行ってきましたよ。

寒波到来ということで、厚めの靴下にカイロ2個を装備して午前7時20分、JR名古屋駅新幹線ホームへ。
下り(新大阪方面)8・9号車付近の売店で"新幹線アイス"を購入後、上りホームの端のベンチへ。
ホーム中央だと、密集した人の体温でわずかに気温や湿度が上がりますからね。
今回の調査条件は真夏と同じで、
  ・天候: くもり のち 雪 (7時40分ごろから雪が舞った)
  ・気温: 0.1℃
  ・スジャータ「プレミアムアイスクリーム」(バニラ)を使用。
  ・新幹線ホーム上のベンチで手を触れずに放置
  ・スプーンを立てる
というもの。
今回も5分おきにアイスの状態を調査しました。

調査開始は7時25分。
定説通り、アイスが硬くてプラスチックスプーンが刺さりませんでした。
5分後、スプーンがようやくささるように。
10分後、若干深くめりこみはじめ、
15分後、力を入れるとアイスが取り出せるようになり、
18分後、食べてもいいかなという硬さに。
25分後、若干周りから融けはじめる気配が出てきましたが、
30分後でもカップの周りの霜は融けませんでした(左写真)。
雪も舞う中で食べたアイス、それでも濃厚で美味しかったです。
これが286円の威力か。

真夏では15分後でかなり融けてしまいましたが、今回は30分経ってもアイスのまま。
真冬にアイスが融けるまでホームで待ち続ける光景は、東海道新幹線ではありえないですね。
少なくとも30分おきに「こだま」が走っているし。
そこで、30分屋外で放置したアイスを新幹線車内に持ち込んだ場合、融けるまでにどこまでいけるか調べてみましたよ。
乗ったのは、名古屋8:00発の「こだま634号」東京ゆき。
日曜日の朝とあってか、1車両に4人しかいませんでした。
室温17.0℃。
すごく暖かいです。
カップ外周の霜はみるみる融けてアイス外側も融けはじめ、三河安城駅に到着した15分後には外周がだいぶ融けてきました。
豊橋駅到着5分前の25分後では完全に角がとれて丸くなる形に(右写真)。
ここで調査を終了して一気に液体と半固体の"新幹線アイス"を食べることにしました。
暖かいところで安心して食べるアイスはやっぱり美味しかったです。

今回は「豊橋往復きっぷ(土休日用)」+「新幹線変更券」を使っていたので、豊橋で調査が終わって本当によかったです。
ちなみに、名古屋市内発の「豊橋往復きっぷ」では2月末まで豊川稲荷門前町に行くとお土産などの引換券がもらえるとのこと。
(参考 http://recommend.jr-central.co.jp/toyokawamoude/index.html)
用事がなかったので、今年2回目の豊川市に向かい門前町で宝珠まんじゅうと巻せんべいに引き換えてきました。
この日は名鉄の電車沿線ハイキングが行われていたようですが、朝9時ということもあって人も店もまばらでしたね。
それにしても風が強かったせいか、名古屋よりも寒く感じました。

帰りは在来線で名古屋市内へ。
新しくなった豊橋駅エキナカで食べたきしめんは寒さで冷えた身体にしみわたりました。
そして乗った新快速は室温22℃。
ウトウトしながらも完全に眠りにつけず、頭が重いまま名古屋駅で降りることに。
電車を降りた瞬間に寒さで頭が引き締まった、そんな日曜日の昼下がりを過ごしたのでした。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1045-168c4729

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。