スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

富士山を見ようと知多半島へ

2016-02-08
160208_1.jpg  160208_2.jpg  160208_3.jpg

2月4日は立春。
そして、今日2月8日は旧正月です。
あけましておめでとうございます。
お正月といえば、日本では年賀状の挿し絵に富士山を載せる人も多いですし、初夢は一富士二鷹三茄子。
縁起が良いものとして富士山が挙げられますが、気軽に見に行くには遠いですね。
ふもとまで行っても雲に隠れていることが多いですし。

富士山は独立峰で日本で一番高い山であることから、広範囲で姿を確認することができます。
静岡県や山梨県ではもちろんのこと、愛知県でも渥美半島などの東三河や知多半島を中心に富士山を拝むことができるそうです。
(参考 http://yamao.lolipop.jp/fuji/aichi/fuji.htm)
小牧から一番近いのは知多半島。
昨日は寒さが厳しく快晴だったので、一縷の望みをかけて富士山を見に知多半島へ行ってきましたよ。

名古屋高速、知多半島道路、南知多道路を経由して、知多半島へ。
まずは休憩も兼ねて、えびせんべいの里(愛知・美浜町)に行きました。
ほぼ全種類のえびせんべいの試食をして、無料のコーヒーを飲んで一服。
ついでに試食して美味しかったイカのワイン焼きをその場で購入してしまいました。
まんまと作戦にはまった形です。

さらに南知多道路を南下して羽豆岬(愛知・南知多町)へ。
知多半島の先端です。
師崎港の堤防から富士山らしきものは確認できず、近くにあった階段をのぼって羽豆神社へ。
この羽豆岬、SKE48の曲のタイトルになったこともあり、SKEファンによるたくさんの絵馬が飾ってありましたよ。
ほとんど名前がわかりませんでしたが。

そして、目的の展望台へ。
伊勢湾、三河湾の碧さがきれいで癒やされました。
渥美半島もくっきりだし。
事前にPCソフト「カシミール3D」で展望を予習していたので、スマートフォンの電子コンパスを頼りに山並みを見ることにしました。
北から東に20°のところに見えるのが、御嶽山。
羽豆岬から138km離れていますが、噴煙をあげている様子がはっきりと確認できました(左写真)。
なお、富士山は東に64.8°の方向。距離は176km。
そんなに遠くなく、日本一高い山ですから期待が持てますね。
日間賀島や佐久島の形を目印に目を上げましたが、見えませんでした(中写真)。
しかし、この日の遠景は、くもり。
しばらく眺めていましたが、雲は去ってくれませんでした。
この展望台、木製なのか強風でけっこう揺れるので10分ほどで撤収。
こんな強風の日でも観光客がひっきりなしでした。
ちなみに羽豆岬の近くに富士山という地名があるのですが、富士山からも富士山は見れませんでしたね。
富士山の山頂付近には立ち入れないので真相はわかりませんが。

いちご狩りがさかんな早春の知多半島。
帰りに有名和菓子店でいちご大福を買って食べました(右写真)。
口コミに違わず、驚異的な美味しさのいちご大福でしたよ。
甘く、酸味の効いたいちごを大福の甘みが包み込む、考え込まれた感覚が美味でした。
1個230円でしたが、行列を成していたのもうなずけます。
なお、何種類ものいちご大福があって、一番高級ないちご大福は1個1000円。
この日は断念しましたが、いつか食べに来たいですね。
その後はシーズンオフの静かな内海海水浴場(愛知・南知多町)や昨年末オープンしたイオンモール(愛知・常滑市)でウインドウショッピングを楽しんで帰りました。
小牧からは少し遠いですが、いつかは富士山が見られる日が来るといいなと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1047-0d2220bd

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。