スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

体内の季節サイクルに誘われて

2016-03-15
160315_1.jpg  160315_2.jpg

3月も早いもので、もう15日。
今シーズンは暖冬と言われましたが、それでも寒さと暖かさを繰り返しながら春に向かっていくのが感じられます。
例年より雨の降る日が多かった気がしますが。

春は植物が芽吹く季節でもあり、例年さまざまな名所に花見見物にいっていることに気付きました。
梅を例にとると、一昨年は佐布里池公園(愛知・知多市)、昨年は大縣神社(愛知・犬山市)へ行ったっけ。
(一昨年 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-946.html
昨年 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-999.html)
春先に梅を見に行くのは無意識に自分の中で恒例行事になっているらしく、今年もご多分に漏れず梅を見てきました。

今年行ってきたのは岐阜市の梅林公園。
毎年のようにニュースで梅の開花が伝えられますし、何より公園周辺の地名が「梅林」。
金華山のふもとにあることからも、かなり期待できますね。
名鉄岐阜駅からバスでほどなくして到着。
公園の遊歩道に沿って数種類の梅が咲いていました(左写真)。
花に近づくと、かすかに梅の香りがしましたよ。
早咲きの梅から遅咲きの梅まであるようで、まだつぼみの梅の木もありました。
ただ毎年見ているためか、まばらに咲く梅は少し迫力がなかったような。
公園中央にある芝生広場でお弁当を広げる家族の微笑ましい光景が印象に残った気がします。
いつかそんな日が来るのでしょうか。。。

そして、先週末は早くもさくらを見てきました。
早咲きの大寒桜。
先週末用事があって名古屋市内に行ってきたのですが、少し早めに行って足を伸ばしてきましたよ。
スタートは地下鉄高岳駅(名古屋・東区)。
桜通(国道19号)から信号を曲がると見えてきました、多くの人と桜並木。
紅紫色の寒緋桜が少々と、大多数の淡紅色した大寒桜(右写真)。
真っ青な青空に淡紅色の桜は映えますね。
沿道に観光施設があるためか、アジア系の観光客や望遠レンズを持った方が多かった気がします。
桜通から出来町通までの約1.1kmがほぼ途切れることのない桜並木で、名古屋・瑞穂区の通称さくらのトンネルを思わせる、桜にあふれた道路でした。
散策するにもちょうどいい距離ですし。
出来町通に出てからは道路の中央を走る基幹バスで名古屋駅方面へ帰りました。

日常生活では合理的で冷静な判断が求められる場面が多々ありますが、休日くらいは自分の意識のおもむくままに過ごす日があってもいいのかなと思いました。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1051-65b0c1ae

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。