スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

市場もさくらも楽しんだ京都

2016-04-08
160408_1.jpg  160408_2.jpg  160408_3.jpg

今年も桜吹雪の季節がやってきましたね。
家の近くにある川沿いの道も車が通る部分以外はさくらの花びら一色。
今日は風もあったため、常時花びらが舞っている状態でした。

さくらの季節は平野部はもちろん、山もさくらで色めくため、列車で流れゆく山々を眺めるのが楽しかったりします。
さくらが満開になった先週末、青春18きっぷが余っていたため足を伸ばして日帰りで京都まで行ってきましたよ。
JR鵜沼駅(岐阜・各務原市)から乗車したのですが、岐阜駅から乗り換えた特別快速は普段以上の混み具合。
京都駅につく頃には、駅が人であふれていましたね。
JR線も、京都市バスも、地下鉄も。
お花見のシーズンだからなのか、観光シーズンだからなのか。
ジャパンレールパスを使った外国の方が多かったのも印象的でした。

お昼に近かったので、地下鉄四条駅(京都・下京区)で降りて錦市場へ。
初めて行ったのですが、いろいろな食べ歩きができて京らしい食品が並んでいて、魅力的に映りました。
豆腐ドーナツに、分厚い湯葉に、たまご焼きに、揚げたたけのこ。
その場で食べるには風情がなかったので、鴨川の河川敷でさくらを見ながら食べましたよ。
特に予定もなく来たので、鴨川河川敷でぜいたくに時間を使いました。

その後は、東に歩いて円山公園(京都・東山区)へ。
祇園枝垂桜で有名なさくらの名所です。
限られたお花見スペースはほぼすべてが宴会用のシートで埋め尽くされていましたね。
密集されているイメージが強い京都、お花見もやっぱり密集していました。
それにしても、どこも同じゴザが敷いてあるなと思っていたら、公園側でゴザを用意しているとのこと。
きっと植物保護なのでしょう。
ほどよい陽射しだったので、スマートフォンで撮ったさくらも明るく撮れましたよ(左写真)。

円山公園を離れた後は、京都らしい柳がたなびく白川沿いを歩いて東山駅へ向かい、地下鉄東西線で山科駅(京都・山科区)へ。
そこから人波に沿って歩いて10分ほど、着いたのは山科疏水(琵琶湖疏水)のさくら並木。
さくら並木そのものより、さくらと菜の花のコントラストがまぶしいといったところでしょうか。
曇り空に変わり、さくらの表情も変わりましたが(中写真)、春らしい生命感あふれる色彩で癒やされた気がします。

そんな満開のさくらから1週間。
1週間でさくらが散ってしまう、時の過ぎゆく早さを感じてしまいます。
川面がさくらの花びらで埋まる今を楽しみ、はやくも来年のさくらを楽しみにするのもいいですが、光陰矢のごとし。
過ぎゆく時の流れに負けないよう、充実した2016年度をおくることができればいいなと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1055-142ee3b6

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。