スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

8か月通った歯医者でわかったこと

2016-06-29
昨年11月のこと。
奥歯、それも親知らずが痛みました。
数日で痛みが引きましたが、せっかくなので歯科医院へ。
親知らずが多少腫れているね、と言われたところまでは良かったのですが、次に出てきた言葉が「何年ぶりの歯医者?」。
小学生以来なので、20年以上ぶりでしょうか。
20年以上も前のことを憶えているなんて、すっかりおじさんです。
もはや親知らずの話はどこへやら、ひたすら歯石をとる治療になりました。
かなりの時間をかけて歯石をとった後の歯は、茫然とするほどにスカスカ。
これが本来の歯で、歯にとって良いと言われても上の空でした。

歯石とりは2回にわたって続きました。
20年以上ぶりなので、虫歯も当然のようにいくつか見つかりました。
せっかくなので治療することに。
それから毎週水曜日午後6時は歯医者の時間になりました。
年をまたぎ、春を迎えてもまだ歯医者に通っていました。
奥歯の2本を銀歯に変わりました。
軽い虫歯は軽く修復して1回で1本が終了。
この歯医者、程度の重い治療のときに使う椅子と軽いときに使う椅子が違うので、診察室に入ったときにある程度の心の余裕ができるのです。
あくまで半年歯医者に通ったからわかる経験則ですが。

これで終わりかと思ったのですが・・・
ある日、診察室で案内されたのが、重い治療の椅子。
軽い虫歯の治療と聞いていたのですが、削りに削って神経まで達することに。
少々の痛みは耐えていたのですが、かなりの痛みに達して麻酔をうってもらいました。
運の悪いことに歯と歯の間だったため、2本とも神経を抜かねばならない事態に。
麻酔も2本分打たれ、先の耐えた痛みも含めるとかなり後味の悪い診察でした。
悪意のある確信犯だと思ったのもこのときです。
その次からもなかなか神経を抜かれることなく、通院回数だけが増えていきました。
そして、先週その2本に被せ物が入り治療完了。
ですが、歯科医院というもの、どこもそうだと思いますが、当然のように来週の予定を入れてきます。
奥歯のもう1本が、、、と言っていましたが、近々引越しするからという適当な理由で今後の診療を受けないことにしました。
今回は高額なセラミックの被せ物にしたのですが、審美的要素に加えてこの歯科医院との手切れ金という意味合いが自分の中にありましたし。
1回の治療費が保険適用とはいえ数百円なのは心苦しいですが、それで歯がボロボロにされたのでは患者としてはたまったもんじゃないです。

何はともあれ、更なる被せ物や抜歯がないよう日常の自己管理というか歯磨き習慣を強化していきたいと思った次第です。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1062-c2641b6e

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。