スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

移動で楽しむ北東北

2016-08-20

先月下旬に北東北(岩手県・秋田県)に行ってきたときの話のさらに続き。
1ヶ月も前のことを今さらかよ、との思いは自分にもありますが、思い出補正も含めてもう1回お付き合いを。

160820_1.jpg  160820_2.jpg  160820_3.jpg
北東北をめぐるにあたり、移動方法は2つ。
 ・中部国際空港7:30 → 秋田空港8:50 (ANA 1850便)
 ・名古屋空港7:15 → いわて花巻空港8:25 (FDA 351便)
小牧からは名古屋空港が近く、早く、駐車場も定額で停められたので、いわて花巻空港へフライト。
滑走路に停まっていたMRJを横切り(上左写真)、北アルプスを眺めながらのコモパンと静岡茶のモーニングサービス(上中・右写真)を楽しんでいたら、わずか1時間でいわて花巻空港に到着。
雲が多かったですが、切れ間からの新潟平野や月山はきれいでしたよ。
エンブラエル170も時速250kmほどで離陸できるんですね。

花巻からはレンタカーで移動。
600kmしか走っていない、ほぼ新車のノートを借りたのですが、3日で走ったのが1100km。
よく走りました。
花巻は気温23℃で風景も全然違う、異世界に入り込んだような感じでしたね。

160820_4.jpg  160820_5.jpg  160820_6.jpg
そんな感じで観光をして、1日目は秋田・小坂町で宿泊。
普通の宿に泊まるのはつまらないので、昨年まで走っていた寝台特急「あけぼの」B寝台に宿泊(上左写真)。
1泊3240円。
A寝台に泊まりたかったのですが、満室でした。
宿泊証代わりのきっぷ(硬券)をもらって、上段の自室へ。
初めての個室寝台、ベッドの組み立て方がわからなかったのですが、説明書を読んでなんとかメイキングに成功(上中写真)。
足2本がやっとの広さで行うベッドメイキング、列車が揺れていることを考えると運行時は至難の業だったと思われます。
一通りの寝る準備が整ったら、車内探検。
自由にくつろげる開放式B寝台へ。
一昨年、本物の寝台特急「あけぼの」(青森→上野)で乗った、あのB寝台へ。
(参考 http://se2nai.blog.fc2.com/blog-entry-967.html)
やっぱり狭かったことを思い出しますが(上右写真)、今はひとり。
懐かしのセンヌキがありましたよ。

160820_7.jpg  160820_8.jpg  160820_9.jpg
夜を明かした後、全貌が明らかになった寝台特急「あけぼの」へ。
数十年使われたと思えないほど、太陽の光にあたってピカピカしていました(上左写真)。
この2階部分で寝ていたのか。
あと、線路側から車両全体を目に焼き付けて列車をあとにしました(上中写真)。
それにしても、過去営業していた小坂鉄道を使っての動態保存はすばらしいですね。
なお、朝食は秋田・大館市のJR大館駅駅弁。
比内地鶏で有名な大館市の鶏めしを食べましたよ(上右写真)。

160820_10.jpg  160820_11.jpg  160820_12.jpg
160820_13.jpg  160820_14.jpg  160820_15.jpg
その後は秋田県、岩手県を観光し、花巻空港にレンタカーを返却して仙台へ。
時間の都合で東北新幹線も使いました。
仙台で1泊した後、仙台港へ。
最後のお楽しみは、船旅。
  仙台港12:50 → 名古屋港10:30(翌日)
フェリー・オブ・ザ・イヤーを24年連続で受賞の太平洋フェリー、しかも就航5年(5年連続受賞)の「いしかり」の乗船ですから、期待せずにはいられません。
実際、船内はきれいで素敵な空間が広がっていましたよ(上段左・中・右写真)。
そして、昼間からいたるところで乾杯のビールを飲んでいる大人たちが。
あまりに周りが飲んでいるので、仙台駅で買ったひょうたん揚げとビールでひとり乾杯(下段左写真)。
もう運転する必要もなく、ただ寝るだけですからね。
テレビのないカプセルタイプのB寝台でしたが(下段中写真)、パブリックスペースのテレビを見たりピアノリサイタルや大浴場、夜のショー(下段右写真)を楽しんだので、退屈した時間という印象はありませんでした。
念のためと船内Wifiを購入しましたが、沿岸航行ということもあり、あまり使う機会もありませんでした。
なお、スピードは下り1.44Mb/sと遅く感じましたが、衛星通信と考えると仕方ないか。

160820_16.jpg  160820_17.jpg  160820_18.jpg
160820_19.jpg  160820_20.jpg  160820_21.jpg
せっかくの船旅、食事も楽しむことにしました。
夏休みとあって高校の部活動団体や宗教団体、ツアー客などがいたので、夕食は遅めにレストランへ。
食欲が落ちていた中でのバイキング2000円は一瞬心が揺らぎましたが、それも束の間。
全種類食べたのですが、一口目で期待せず食べたビビンバですら美味しく、食欲がみるみる回復していきました(上段左写真)。
前日の食べた横手焼きそばより美味しかったような。
閉店の20時までの50分ほどステーキやそば、デザートまで食べていたっけ。
翌日は海を見ながらのパンケーキとアイスコーヒーでのんびりと朝食を摂りました(上段中写真)。
曇りだったけど。
時速35kmほどで航行して(上段右図)、福島・南相馬市沖で「きそ」とすれ違い(下段左写真)、モーニング食べたら愛知県・伊良湖岬を航行し(下段中写真)、セントレアを離発着する飛行機を遠くから眺めて、重化学工業地帯を通過し、最後は名港トリトン(下段右写真)をくぐって名古屋港へ。
本当に旅が終わる感じがしました。
名古屋の蒸し暑い気候に戸惑い、名古屋市営バスに乗るころにはすっかり現実世界に引き戻されました。
今回は旅行費用のことをあまり考えませんでしたが、これからも今回の旅行費用は考えないようにします。
現実に引き戻されるから。
今回は思いついたままの適当な旅行だったはずが、結果として充実した5日間の旅になったのでした。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1069-28abba68

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。