スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

岐阜在住だから活用したい選択乗車

2016-10-10
161010_1.jpg   161010_2.jpg

岐阜市に引っ越ししてからも、ちょくちょく名古屋市内にお出かけをする機会があります。
岐阜-名古屋間はJRのほうが速くて安いのですが、それゆえ名鉄は始発駅で空いているので名鉄を使う傾向にあります。
名鉄の割引きっぷ「なごや特割30」を使うと、名古屋駅まで片道70円、金山駅まで片道140円安くなるのです。
金券ショップで購入するので割引額は減りますが、それでもペットボトル1本分(スーパーでの価格)安いので名鉄を選んでしまいます。

普段は名鉄派ですが、先日"浮気"をしてしまいました。
名古屋に行った翌日、新幹線で関西方面に行く用事があったのです。
旅程は以下の通り。
 千種駅 → 金山駅(下車)    190円
 金山駅 → 名古屋駅 (下車)  170円  
 名古屋駅 → 岐阜駅 (下車)  470円
 岐阜羽島駅 → 京都駅     1940円(乗車券代)
別々に買うと180円高くなってしまうので、千種→京都(2590円)の乗車券を買って途中下車することにしました。
基本的には乗車券に書かれている路線で移動しなければいけないため、岐阜駅で途中下車した翌日は米原駅から新幹線なのか、と思っていました。

ですが、よくよく見てみると岐阜駅と岐阜羽島駅は同一駅とみなす特例があることが判明(左図)。
岐阜駅で降りて岐阜羽島駅から乗っても問題ないとのこと。
両駅を結ぶ名鉄線は別料金ですが。
途中下車時に駅員さんに聞いても、自動改札機を通してもエラーで戻ってくることもありませんでした(右写真)。
よくある事例なのでしょうか。
そもそも、そこまでして岐阜羽島駅を利用しなければならない理由は岐阜在住以外では見当たりませんが。
きっぷに関するJRの規則は複雑でわかりにくい部分が多いですが、乗客の有利になるように作られている部分も多いので、ネットなどをフル活用してうまく利用したいですね。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/1073-f407f7ea

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。