スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

空を想いにセントレアへ

2015-02-26
先週金曜日にテレビで放送されていたのが、映画「風立ちぬ」。
棒読み声優のひどさや内容の賛否両論などネットで話題になっていましたね。
ツイッター上での何気ないつぶやきが13リツイートされて、のべ1万人弱に拡散されたり。
主人公の飛行機設計に対する熱意やこだわりを見て、工学を学んで良かったという意見もありましたが、それもうなずけます。

戦後70年の2015年でもあり太平洋戦争前後に興味が湧いたので、日曜日に本屋さんへ。
セントレア内の書店ということもあって、飛行機に関する本も多かったですね。
その中でひときわ目立つところにおいてあった、「技術者たちの敗戦」「ゼロ戦と日本刀」を購入。
戦略眼のない軍部による政治やそれに振り回された一般市民や技術者の苦悩がいくつも垣間見えた気がしました。
無理が通れば道理が引っ込む。
過度なスペックを求めた結果、量産性や防御性が劣った戦闘機ができたり、過度な精神論で押さえつけた結果、戦闘以外での戦死者を増やしたり。
映画で描かれていたように、戦闘機部品を名古屋・南区の生産工場から岐阜・各務原市の飛行場までの約50kmを牛車で引く生産性の無さが随所に露呈していれば、そりゃ日本は負けますよ。
現代の日本にも通ずるところがあるあたり、歴史はよく勉強しておかなければと思う年頃になりました。

牛車で引いた時代も今は昔、今ではセントレアまで海上輸送、セントレアからはドリームリフター(部品運搬専用機)で組み立てメーカーへ。
旅客数が減り、航空貨物もなくなった今月10周年のセントレアですが、こういう使い方があるだけでも存在価値はあると思います。
なかなか90度に折れ曲がる飛行機を見る機会はないですからね。
一方県営名古屋空港側では久しぶりに愛知・豊山町で組み立てられた飛行機がテストフライトを始めるとのことで、小牧市に住んでいる身としては、空を見上げる機会がまた一段と増えそうです。

ちなみに、先週日曜日は「セントレアまるごときっぷ」(3月1日まで)でセントレアへ。
1DAYフリーきっぷで名鉄を乗りつぶし、1000円分の商品券で本を買い、フリーWifiでネットを楽しんで、芸人さんのショーを見て、イルミネーションまで見て、入浴券でお風呂に入り、帰りは60円割引券を使ってミュースカイに乗って帰宅しました。
開港時に話題になった空港内のお風呂。
目の前に飛び交う飛行機が見えるのがウリ・・・
のはずが、展望風呂(浴槽)に入ると柵の高さの関係で飛行機が見られないという最大の欠点が。
そもそも飛行機とそんなに近くなかったりします。
そう考えると空港から飛行機を見て楽しむのではなく、3月末からの夏ダイヤで路線を拡充するセントレア発着の飛行機の中から空港を楽しむのが高揚感も手伝って楽しいんでしょうね。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/994-58c76857

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。