スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

春を感じに豊年祭へ

2015-03-17
150317_1.jpg  150317_2.jpg  150317_3.jpg

今日の日中は暖かかったですね。
名古屋の最高気温は21.6℃だったそうで、先週雪が降ったとは思えない季節の進み方でしたね。
そんな先週土曜日に思ったこと。
最近自転車で遠出をしていないな、と。
冬の間は寒く風が強かったので、自転車移動は近場で済ませていたのです。
先週日曜日は田縣神社(小牧市)、大縣神社(愛知・犬山市)の豊年祭があるというので、リハビリがてら自転車に乗って行ってきましたよ。

まずは土曜日午前に大縣神社へ。
地元では姫の宮と呼ぶ方が多いです。
大縣神社へ続く坂道に苦戦しましたが、無事に到着。
豊年祭前日ということもあり準備が着々と進み、参拝者の方も多かったですね。
まずは本殿にお参りして、姫石にお参りして、梅園へ。
7分咲きの梅が多く、今週いっぱい楽しめそうな感じでした(左写真)。
急斜面の梅園の頂上付近からは犬山市街、一宮方面が一望できましたね。
春がすみか、PM2.5の影響か、遠くまで望むことはできませんでしたが。

ふもとに降りた後は、縁結び祈願をしましたよ。
紙に願い事を書いて、奥にあるむすひ池で祈願するというもの。
池に紙を浮かべて早く沈めば早く成就するというものでしたが、、、
全然沈む様子がありませんでした。
池のほとりに書かれていた看板を読むと、100円硬貨のようなおもりを紙に乗せると早く沈むそう。
願いを叶えてもらうのも金次第というのを痛感しました。
金払いの良さも縁結びには重要だと教えてくれているんでしょうか。
100円硬貨を紙の上に置きましたが、一向に沈む傾向もなく。。。
様々な方との良縁は神様に頼らず自分のツテで見つけなければならないのでしょうね。

そして、田縣神社に向かったのは小牧基地見学後の日曜午後。
豊年祭行列の30分ほど前に到着したのですが、周辺道路は混雑して行列沿いに人波ができていました。
老若男女、日本人外国人入り乱れた構成でしたね。
例大祭なのに英語でプログラムが記載されていたのもわかります。
お清めの塩をもらい、巫女さんが持った大男茎形に触って厄除けをしました。
隣にいた夫婦には子宝祈願として大男茎形でお腹をさすっていましたね。
クライマックスは木製のご神体。
近くにいた女性方はアレといっていましたが、ご神体です。
多くのシャッターが切られていたので思わずカメラを手にしましたが、一番気になったのはご神体の後ろ側に見える木の年輪(中写真)。
大男茎形にしろ毎年木曽ヒノキを使って作っているそうです。
伊勢神宮の式年遷宮にしろ湯水のごとく木曽ヒノキを消費しているので、木曽川下流に住む身としては少し気になったのです。
ヒノキは生育に時間がかかりますからね。

そんな春の訪れを告げる豊年祭も終わり、行列のすぐ近くでは5分咲きの河津桜が(右写真)。
河津桜が満開になるころには、新しい何かを見つけて新年度を迎えられればいいなと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://se2nai.blog.fc2.com/tb.php/999-21be9cfb

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。